〒123-0842
東京都足立区栗原一丁目14番15号
TEL/FAX::03-3850-8404
mail:ishikawajimusyo@feel.ocn.ne.jp

03-3850-8404

お問合せはこちら

不動産登記・調査・測量・審査請求、官公署提出書類作成・手続代行

石川
土地家屋調査士
石川
行 政 書 士
登記の種類 内  容 どんな場合に必要になるのか
土地分筆登記 1個(1筆)の土地を複数個に分割します。 贈与や売買をする部分が土地の一部の場合には、所有権移転登記の前提として、当該目的部分を分割し、新しい地番(土地の登記簿)を起こす必要があります。また、抵当権等の担保権の目的範囲を抑えたい場合。農地転用許可や都市計画法における開発許可等で、許可条件として敷地面積の制限がある場合。
土地合筆登記 複数個の土地を1個の土地にします。 建物敷地が数筆あり煩雑な場合。所有権登記のある土地について合筆登記がなされると、いわゆる『権利証〔所有権登記の登記済証〕』が新たに作成されます。
土地地目変更登記 土地の地目、すなわち種類(用途)を現況に合致するように変更する登記です。 農地(田・畑など)は農地法所定の転用許可等をとったとしても、それだけでは登記簿の地目は変更とはなりません、登記簿上の地目を変更するためには現況の利用目的(形態)が変更となった時点で、地目変更登記が必要となります。
土地地積更正登記 登記簿面積と実測面積の不一致を是正します。 いわゆる『縄のび』などにより、登記簿上の地積(公簿面積)と実測面積が一致しない場合に、これを是正する場合。そして売買の前提として必要になる場合や、相続税の物納の前提として必要になる場合があります。
土地表示登記 登記されていない土地を初めて登記する場合です。 水路や道路などの払い下げを受けた場合など。
登記簿や各種台帳、そして地図・公図その他各種測量成果等の資料を調査し、隣接地所有者などの利害関係人と立会い、境界(筆界)を確認します。そして現地を測量し地積測量図を作製し、さらには将来の境界紛争の予防のため境界(筆界)確認書の作成・境界標の埋設などを行います。『境界』と言ってもその内訳はさまざまです。所有権境界、筆界(公法上の境界)、占有境界等です。土地家屋調査士は境界問題の専門家です。

土地家屋調査士の土地に関する主な業務

■土地関係登記
■公正証書
■離婚協議書
■HOME■
■バイク名義変更
■内容証明
■会社設立
■農地転用
■建設業関係
■車庫証明
■建物関係登記
■遺産分割協議書
■産業廃棄物許可

主な業務エリア

業務エリア

上記エリア以外でもご相談下さい。

■不服申立書作成
■運送事業許可
■解体工事業登録
■宅建業許可
■古物商許可
東京都
足立区、葛飾区、江戸川区、板橋区、豊島区、北区、荒川区、練馬区、千代田区、中央区、文京区、港区、台東区、墨田区、江東区、品川区、大田区、世田谷区、渋谷区、目黒区、新宿区、中野区、杉並区、八王子市、日野市、多摩市、稲城市、町田市、立川市、昭島市、武蔵村山市、東大和市、青梅市、あきる野市、五日市、福生市、羽村市、府中市、小金井市、国分寺市、国立市、調布市、狛江市、武蔵野市、三鷹市、小平市、東村山市、西東京市、清瀬市、東久留米市


埼玉県
八潮市、草加市、三郷市、越谷市、春日部市、戸田市、蕨市、川口市、鳩ヶ谷市、志木市、朝霞市、和光市、新座市、富士見市、上尾市、桶川市、久喜市、幸手市、北葛飾郡、加須市、羽生市、吉川市、蓮田市、川越市、ふじみ野市、入間郡、坂戸市、鶴ヶ島市、比企郡、所沢市、狭山市、入間市、飯能市、日高市、熊谷市、大里郡、本庄市、児玉郡、東松山市、秩父市、鴻巣市、北本市、北足立郡、北埼玉郡
さいたま市大宮区、さいたま市中央区、さいたま市浦和区、さいたま市桜区、さいたま市南区、さいたま市緑区、さいたま市西区、さいたま市北区、さいたま市見沼区、さいたま市岩槻区

千葉県
松戸市、流山市、柏市、八街市、四街道市、千葉市中央区、千葉市稲毛区、千葉市美浜区、千葉市花見川区、千葉市緑区、千葉市若葉区、野田市、我孫子市、船橋市、八千代市、市川市、習志野市、鎌ヶ谷市、浦安市、市原市、銚子市、館山市、木更津市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、勝浦市、鴨川市、君津市、富津市、袖ヶ浦市、印西市、白井市、冨里市、南房総市、匝差市、香取市、山武市、いすみ市、印旛郡、香取郡、山武郡、長生郡、夷隅郡、安房郡
■メールはこちら
■事務所案内
■お問合せフォーム

茨城県
水戸市、日立市、土浦市、古河市

栃木県(下都賀郡)
壬生町、野木町、太平町、藤岡町、岩舟町、都賀町

inserted by FC2 system